どっちが良かった?白髪染めVSトリートメント使い比べ勝負

応援お願いしますm(__)m

白髪が増えると散髪のタイミングが難しくなる。というのも、髪を切ると染めた部分がカットされて本来の白髪の部分が露出。なので、散髪が済んだらすぐにでも染め直さなければならない。店で染めてもらえば良いのだろうが、そんな予算は無い。必然的に、散髪が終わると真っ直ぐ家に帰れる日を設定しなければならず、それが中々決まらないわけ。
そこで、最近、テレビショッピングで放送している、

「シャンプーしてたら白髪が染まる」

ってタイプのトリートメントを試してみる事にした。今回は、「大島椿 ヘアカラートリートメント ダークブラウン 180g」をAmazonでお取り寄せ。購入の決定打は、レビューの多さと星の数だった。初めて使う商品なのでレビューが少ないものは怖くて使えない。シャンプーやリンスを変えたというだけで、髪の毛が一気に抜け落ちた友人を目の当たりに見た経験から恐ろしくて使えない。注文後、翌々日には家に商品が届いていた。さすがはAmazon、仕事が早い。善は急げで散髪をして大島椿 ヘアカラートリートメントを使ってみた。

大島椿 ヘアカラートリートメント ダークブラウン 180g
大島椿 ヘアカラートリートメント ダークブラウン 180g

スポンサーリンク
スポンサーリンク


1回目 毛染め効果は残念な結果に

「あぁ…また白髪増えてる….。」
毎度の事だが、白髪交じりの自分を見るだけで精神的ダメージがデカい。いつもなら白髪染めだが、今夜は大島椿 ヘアカラートリートメント。
シャンプーで頭を洗い、タオルでしっかりと水分を拭き取ってトリートメントを頭に塗る。トリートメントを手に取ると、木炭リンスのようだった。そのまま、髪にトリートメントを擦り付けて5分間放置。浴槽の中に入り、ビニール袋に包んだネクサス7でYouTubeを見ながら時を待つ。結果的に10分以上も動画を見ていたが、短いよりも色が入るんじゃないかと期待した。しかし、世の中そんなに甘くは無い。白い毛に少し色が付いた程度でその日は終わった。もう少し何とかならないのかと思う程、気分は不満足だった。Amazonのレビューでは「2回目から….」みたいな事を書いている人が多かったので、それを信じて続けてみようと思った。

2回目 まだまだぁ…そして3回目へ

翌々日、2回目やってみた。白髪は前よりも少し茶色になったが真っ白いままの髪も目立つ。そして、さらに2日後、3回目のトリートメントで白髪の存在は目立たなくなった。真っ黒く染まるのでは無くて、白髪の部分が茶色になる。染めているというよりも、目立たなくさせているという表現がピッタリだ。

まとめ

白髪染めの効果に即効性を求たいのなら白髪染めが絶対オススメ。すぐに染まるのでイライラしなくて済む。逆に、3回目以降で効果でれば十分満足できるのならばトリートメントもアリ。今回、取り寄せたトリートメントを使い切ってから最終判断をしようと思うが、慣れてしまえばトリートメントの方が手間が掛からない。なぜならば、日常的に染めているのと同じなので、いつでも散髪へ出掛けられる。散髪をしてから飲み会へ出掛ける事だって出来るようになったメリットは大きいだろう。コスパは白髪染めよりも劣るが結果として何時でも髪を切れるというメリットは僕にとっては大きかった。ただし、トリートメント効果が効きすぎて前髪が下りてしまうのだけが残念….。大島椿 ヘアカラートリートメントを使い切ったら他者の製品も試してみようと思う。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


応援お願いしますm(__)m

フォローする

Amazon
コレが無いとイラスト描けないです。 ペンタブの選択肢はワコム以外考えられません。

ワコム Intuos Pen ペン入力専用モデル Sサイズ 【新型番】2015年1月モデル CTL-480/S1
スポンサーリンク
スポンサーリンク