2015年!ノミ大発生!猫ノミ撃退に効果的だった3つの方法から一年後

応援お願いしますm(__)m

ノミ、湧いてる事件

2014年の猫ノミとの壮絶な戦いを制してから一年後。

あれから我が猫サヨリちゃんは完全に家飼いを守り抜き、

去年の悪夢の起きた季節へと突入。

ノミ退治は最初が肝心なので、

サヨリちゃんをノミ取り櫛でブラッシングしてみた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


おぉ~ノミ発見出来ず!

「ノミ取り櫛(くし)」コレ、最強かも知れない


ドギーマン ハニースマイル ノミ取りグシ

今回のノミ大発生で数多くのノミを懲らしめたのが「ノミ取り櫛」。ノミの宿主である猫に直接アプローチ出来るのも魅力のひとつ。

「これまでの全ての道具は買わなくても良いが、ノミ取り櫛だけは買っとけ。」

昨年、べた褒めしたノミ取り櫛を取り出し、サヨリちゃんの背中をブラッシング。

毛は抜けるもののノミは発見できず。

危険地帯、頭の周りもブラッシング。

頭の周りや耳の横、顎まわりは猫ノミが多く隠れている場所。

ここも丹念にブラッシングするがノミはゼロ。

実はここ最強!尻尾のブラッシング。

もうね、ここはおるから。

ノミ、絶対おるから!!!!。

それくらいの勢いで挑んでみるも、ノミは発見出来ませんでした。

昨年のノミ駆除、不完全かと思ってましたが完全に駆除できていたようです。

今年は去年のような悲劇に見舞われずに済みそうです。

あとは、サヨリちゃんの脱走だけに要注意です!!!。

猫ノミは一度獲りついたら面倒臭い事になるで、

半外飼いのご家庭は、小まめなメンテナンスが必要ですよ(笑)。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


応援お願いしますm(__)m

フォローする

Amazon
コレが無いとイラスト描けないです。 ペンタブの選択肢はワコム以外考えられません。

ワコム Intuos Pen ペン入力専用モデル Sサイズ 【新型番】2015年1月モデル CTL-480/S1
スポンサーリンク
スポンサーリンク