何故、ハードディスクはCドライブなのか?消えたA、Bドライブの今とパソコン歴史

応援お願いしますm(__)m

パソコンのCドライブはどうしてCなの?。

AとBは何処へ行ったの?。

パソコン慣れした僕らにとっては当たり前ですが、

初心者にとって、このCドライブ問題は大問題のようです。

この疑問が解消されない限り前には進めないほどに…。

という事で、消えたA、Bドライブの行方とCドラブの謎を解りやすくご説明します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


どうして、ハードディスクはCドライブなのか?

ドライブ番号はA,B,C,D,E….とアルファベット順に割り振られています。

なので、AドライブもBドライブも存在してます。

このAとBは、フロッピーディスクドライブ(以下FD)が割り当てられています。

「かたじけない、理解申した!」

ご理解して頂ければ有難いのですが、

事はそう単純でもありません。

FDを知らない世代も存在するのです。

下の画像がFDと呼ばれる過去の記憶媒体。

現在でも現役で販売されています。

一般的なFDは、3.5インチタイプを指します。

画像をただけでも懐かいしいですね。

※画像はAmazonで販売されているTDK製のFD。

FDドライブも現役で販売されています。

※写真はAmazonで販売されている外付けFDドライブ。

ここでひつの疑問が浮かび上がりませんか?。

FDには、何故AB2つのドライブが必要だったのでしょうか?。

これにもちゃんとした理由があります。

何故、FDにはAB2つのドライブが必要だったの?

答えは簡単!。

2つのドライブがあった方が便利だったからです。

FDをフォーマットや複製(コピー)する場合、

1つのドライブだけの場合、

データを読み込んでは抜き、

書き込んでは抜くという作業が必要だったため面倒だったのです。

そのため、一度にフォーマットや複製が出来る2ドライブが標準仕様となりました。

この時使用されたドラブ名がAとBだったのです。

その後、HDが登場しCドラブが割り当てられるようになりました。

これらの理由から、HD=Cドライブという図式になったのです。

ちなみにFDには、

  • 5インチ
  • 8インチ

などの大きなサイズのものがありました。

パソコンがマイコンと呼ばれていた頃の遠い昔のお話です(笑)。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


応援お願いしますm(__)m

フォローする

Amazon
コレが無いとイラスト描けないです。 ペンタブの選択肢はワコム以外考えられません。

ワコム Intuos Pen ペン入力専用モデル Sサイズ 【新型番】2015年1月モデル CTL-480/S1
スポンサーリンク
スポンサーリンク