真田広之の動きがキレッキレ!「龍の忍者」の無料動画視聴感想

応援お願いしますm(__)m

映画館 龍の忍者


龍の忍者 [DVD]

ストーリー

腕利きの忍者・玄武(真田広之)は、父の仇・福佐(田中浩)が秘かに中国へ渡ったという噂を耳にし、恋人(津島要)と共に後を追う。福佐は中国で銅鏡磨きの“福爺”として身を隠していた。この福佐のもとには、ジン(コナン・リー)というカンフー好きの若者がいた。
ある日、福佐の前に突然玄武が現れ斬りかかる。二人は死闘を繰り広げるが、ジンが助けに入り福佐は一命をとりとめる。以来、福佐を巡って玄武とジンは幾度と無く戦うが決着がつかない。
しかし、重い病を患っていた福佐は自らの死を悟る。そして、いまわの際に玄武の父の死の真相を語り、父の形見を玄武に渡す。福佐への誤解が解けた玄武であったが、福佐の死が玄武のせいだと誤解したジンは、玄武に最後の戦いを挑みかける。そして二人は雌雄を決することに…。

Amazonより引用

今やハリウッドで活躍中の真田広之さん主演の「龍の忍者」。

1982年に全国で公開された作品です。

当時のカンフーブームは凄まじく、

全国の男子がジャッキーファンと言っても過言ではありませんでした。

小中学校の休み時間、全国のどこかでカンフーごっこが繰り広げられ、

映画番組でカンフー映画が放送された夜ともなれば、

映画を観た勢いで深夜の特訓を経験された方も少なくはありません。

少年雑誌の通販欄で「カンフー教本」が大真面目に売られていたのです。

今の若者には、全く持って信じられない時代ですよ(笑)。

一方、香港勢に負けじと日本では千葉真一さん率いるJACが大人気。

JACメンバーの中でも一際輝きを放っていたのが主役の真田広之さん。

僕も電車に乗って映画館まで観に行きましたよ、龍の忍者。

この映画は、

「やっぱりアクションは香港だよね?。」

という、

僕の中にあるアクション映画のイメージをひっくり返した凄い作品。

主役の真田さんのアクションは、

ジャッキーチェンのコミカルなそれとは真逆。

その動きには日本刀のようなキレがあり、

ブルースリーとは一味違う美しさも。

とにかく動きで見せてくれる役者さん。

華のあるアクションスターとはこの人の事だと本気で思いましたもん。

彼のオーラはスーパーサイヤ人のように金色に輝いてました。

共演のコナン・リーさんは陽気で明るいカンフー大好き青年という役どころ。

対する真田さんは、超真面目な忍者という設定。

この二人が戦うアクションシーンは映画慣れした今観ても、

迫力満点で十分楽しめます。

脚本が良ければ更に…っという点もあるにはあるのですが、

個人的に何度見ても飽きない映画作品です。

若い方も、80時代を生きた方も、そうでない方も是非ご覧ください。

イケメンという観点からならば、女性にもオススメですよ(笑)。

「龍の忍者」は、GyaOで2015年3月8日まで無料配信中。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


応援お願いしますm(__)m

フォローする

Amazon
コレが無いとイラスト描けないです。 ペンタブの選択肢はワコム以外考えられません。

ワコム Intuos Pen ペン入力専用モデル Sサイズ 【新型番】2015年1月モデル CTL-480/S1
スポンサーリンク
スポンサーリンク