カーブボールなんて要らない!ボウリングのスコアを確実に伸ばす方法

応援お願いしますm(__)m

ボウリングをする猫

ボウリングへ行った時、

ギューンっとボールがカーブしてストライクっ!!!

こんな気持ち良いものはありません。

ですが、それが10回続きますか?。

5回続きますか?。

2回は?。

1回もまぐれじゃないですか?。

無理してボールを曲げてスコア100とかって面白いですか?。

今回は、腕力が無くてもボウリングのスコアの上がる方法をご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


1番ピンと3番ピンの間に入ればピンは必ず倒れる

多くのプロボーラーは「パーフェクトストライク理論」を基にプレイしています。

ざっくりと説明すると、

1番ピンと3番ピンの間にボールが入ればストライクの確率が上がる

という理論です。

ボウリングのスポット

この際、3~6度の角度でスポットに入ればストライクの確率は高くなりますが、

ハウスボールの場合は1~2度しか曲がりません。

ですが、ストライクの確率が高い事には間違いはありません。

力の弱い女の子や子供がゴロゴロと投げたゆるいボールがストライクになったりしますよね。

力任せに強く投げたり、無理やりボールを投げたりしなくてもストライクは取れるのです。

まずはボールが曲がらなくても良いので、確実に1番ピンと3番ピンの間にボールが当たるよう、

丁寧に狙うだけでもスコアはアップします。

キチンとしたフォームで投げる

ボールを持って真っ直ぐ前後に振ります。

これが投球中の腕の振りです。

レーンの上でボールを持って、

ピンに向かって真っ直ぐ立って、

前後にボールを振って、

軽く投げてみて下さい。

えっ?っと思う程綺麗なボールが投げられます。

この振りを意識すれば、

ハウスボールも自然と少し曲がってくれます。

このマックス角度が2度と言われています。

狙うのはピンでは無くスパット

ボウリングのスパット

ピンを狙うと遠すぎて狙いが定まりません。

その為、ボウリングのレーンには三角形のスパットと呼ばれる目印が付いています。

そのスパットを狙ってボールは投げましょう。

力任せのスピードボールは論外

中には力任せのスピードボールを投げる方もいらっしゃいます。

ですが、スピードが増せば増すほどボールは曲がりません。

必然的に1番3番の間を狙う事は不可能となります。

この投法でもストライクは出ますが、

ストライクの出る確率は非常に低くなります。

アベレージ(平均)スコアの観点からは不利な投法だと言えます。

 ボールを大きく曲げたいのならスローボール

先ほど、ハウスボールは1~2度しか曲がらないと書きました。

ですが、スピードを抑えることにり曲がる角度を大きくすることも可能です。

これも、力の弱いお子さんや女性が投げた時にゆっくりしたボールが大きく曲がるのと同じ原理です。

少し角度を大きめに投げたい場合は、

スピードを調整すると良いでしょう。

まとめ

女の子の前で良い恰好を見せたかったら、

しっかりと狙いを定めてゆっくりしたボールを投げるのが、

スコアアップの近道だと思います。

ちなみに僕のマックススコアは230。

平均スコアは180なので、

それくらいまではこの方法でオッケーかと。

それ以上ともなれば、

マイボールは必修だと思います(笑)。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


応援お願いしますm(__)m

フォローする

Amazon
コレが無いとイラスト描けないです。 ペンタブの選択肢はワコム以外考えられません。

ワコム Intuos Pen ペン入力専用モデル Sサイズ 【新型番】2015年1月モデル CTL-480/S1
スポンサーリンク
スポンサーリンク