歯触りがたまらない!ざっくりクッキーチョコが美味過ぎる

応援お願いしますm(__)m

スポンサーリンク
スポンサーリンク


ざっくりクツキーチヨコ(kabaya)

最近ハマっているお菓子がkabayaのざっくりクッキーチョコ。チョコクッキーの味わいにコーンフレークのサクサク感がプラスされました。チョコフレークなどコーンフレークの触感が好きだったので、ありそうで無かったこの組み合わせに軽く感動。2014年3月時点では間違いなくお奨めのお菓子です。


ざっくりクッキーチョコ (2)

カロリーは1枚当たり49kcal。ダイエット中の方でも一日一枚くらいなら、全然許容範囲なのでは?。

ざっくりクッキーチョコ (1)

パッケージ全体がざっくりクッキーチョコしています。見るからに美味しそうです。

ざっくりクッキーチョコ (4)

フタを開けると一枚づつ袋の中に入っているので、クッキーを数日に分けて食べても問題はありません。一枚づつの独理型ですから、カバンに入れて飴ちゃんの代わりに配るなんて使い道もあります。

ざっくりクッキーチョコ (3)

パッケージの裏側にはざっくりクッキーチョコを使ったデザートレシピが紹介されています。このクッキー単体で食べてみると分かりますが、バニラチョコレートと合わせて夏のおやつにも喜ばれそうですね(笑)。ちなみに「おやつ」は、江戸時代の八つ刻に間食を食べていたことから出来た言葉だそうです。

ざっくりクッキーチョコ (6)

袋から出したざっくりクッキーチョコ。最初の写真はアップでしたが、クッキー全体はこのような形です。

ざっくりクッキーチョコ (5)

こちらがクッキーの裏側です。個人的には裏側の方が美味しそうに見えるのですが、皆さんはどうでしょうか?。

まとめ

一口噛むと、ざっくりした食感と、チョコクッキーの甘さが口いっぱいに広がります。味はあくまでもチョコクッキーでコーンフレークは前面に出過ぎていない控えめさも好感が持てます。歯が弱い方の中には苦手な歯触りかも知れませんが、個人的にはドストライクでした。

ざっくりクッキーチョコ (8)

他のレシピや商品情報が見られますので、詳しくはオフィシャルサイトで!。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


応援お願いしますm(__)m

フォローする

Amazon
コレが無いとイラスト描けないです。 ペンタブの選択肢はワコム以外考えられません。

ワコム Intuos Pen ペン入力専用モデル Sサイズ 【新型番】2015年1月モデル CTL-480/S1
スポンサーリンク
スポンサーリンク